会社情報

代表取締役社長 阿野 正樹

トップメッセージ

私たちは
「いちばん大切な人に食べてもらいたい」
その思いを込めて
安全・安心・心豊かな食品を生産します。

代表取締役社長 阿野 正樹

代表取締役社長
阿野 正樹

私たちはJTグループの加工食品事業を担う、テーブルマークのグループ企業です。

私たち一品香食品は【私たちは「いちばん大切な人に食べてもらいたい」その思いを込めて安心・安全・心豊かな食品を生産します。】を経営方針とし、JTグループの加工食品事業を担うテーブルマーク株式会社のグループ企業として日々生産活動に取り組んでいます。
創業は昭和38年4月とグループ内でも非常に歴史があり、創業当時は福岡の地で「中華レストラン一品香」として地元に愛されていました。今はレストラン事業には携わっていませんが、福岡で愛された中華の味を冷凍食品として日本中または海外へ向けてお届けしています。
生産アイテムは餃子、焼売、春巻、小籠包、ごま団子等の一般的に中華点心類といわれる中華商材と、2009年からは冷凍うどんを生産しています。冷凍うどんはテーブルマーク(旧加ト吉)のノウハウを受け継いだ”コシのあるさぬきうどん” から”ソフトな福岡のうどん” までお客様のニーズに合わせて幅広く生産しています。
また、当社は環境にやさしい企業を目指しISO14001と、食の安全を追求すべくFSSC22000の国際認証規格を取得し、社員一同安全で安心してご利用いただける商品の提供に努めています。

会社概要

社名
一品香食品株式会社
所在地
〒811-2501
福岡県粕屋郡久山町大字久原字野添3776番地14
設立
昭和38年10月
資本金
3,500万円(株主:テーブルマーク株式会社100%)
社長
代表取締役 阿野 正樹
従業員
278名(2019年1月1日現在)
営業許可
食品の冷凍冷蔵業営業、めん類製造業営業、そうざい製造業営業
生産品目
冷凍餃子・焼売・春巻・その他飲茶・冷凍うどん

会社沿革

1963年
福岡市にて一品香食品工業株式会社として設立
社名を一品香食品株式会社へ変更
1968年
久山町に工場竣工
冷凍食品製造開始
1999年
日本たばこ産業株式会社の子会社となる
2004年
ISO14001認証取得
2008年
日本たばこ産業食品事業再編に伴い
株式会社加ト吉の子会社となる
2009年
ISO22000認証取得
冷凍うどん工場製造開始
2010年
株主である株式会社加ト吉がテーブルマーク株式会社へ社名変更
2013年
創業50周年
2017年
FSSC22000認証取得
Page Top